妊娠中にヘルニアになる妊婦さんも多いのですが、上の子の妊娠の時のヘルニアが治りきらず次の妊娠を迎える人も多いですね。
妊娠とは関係なくヘルニアを持っている人が妊娠をためらう場合もよくあります。
ヘルニアがある妊婦さんの腰痛予防や対策について紹介します。

妊婦がヘルニアになりやすい理由は?

ヘルニアは正式には腰椎椎間板ヘルニアといい、背骨にある椎間板という部分が飛び出してしまう状態のことを意味します。
椎間板が飛び出てしまうことにより、神経などを圧迫して痛みや痺れなどの症状を引き起こすのです。
妊婦さんになぜこのヘルニアが起こりやすいのでしょうか?

まず1つ目の理由として、妊娠による体重増加やホルモンの影響で腰に負担がかかるためです。
妊娠するとリラキシンといホルモンが分泌され、その影響で骨盤や骨盤周辺の靭帯が緩むため上半身を支える腰の負担が大きくなってしまいます。
お腹が大きくなるにつれてその負担が大きくなってくるのです。

2つ目の理由としては姿勢の変化です。
体の前面のお腹が大きくなることで、その重さを支えるために反るような姿勢になりやすくなってしまい腰に負担が大きくなってしまうのです。

このように妊婦さんには腰に大きな負担がかかることにより、ヘルニアを起こしやすくなってしまうのです。

ヘルニアの妊婦!痛み予防には体重管理を!

ヘルニアの程度によっては治ることもあるのですが、状態によっては治らない場合もあります。
ですが、症状が出なければ妊婦さんでも問題なく妊娠、出産できます。
そのための方法としてまずは体重管理をしっかり行うことが大切です!

ヘルニアの症状が悪化する原因として、先ほど体重増加を挙げました。
妊婦さんは1年のうちに約10kg程度の体重の増減を経験します。
これは腰に大きな負担となってしまいます。

過剰なダイエットは危険ですが、しっかり栄養をとりながら体重管理を行うことがヘルニア持ちの妊婦さんにとって重要な痛み予防法となるでしょう。

ヘルニアの妊婦さんにはストレッチで腰痛予防を!

ヘルニアの痛みにはストレッチも効果的です。
ですが妊婦さんはお腹が大きくなるにつれてストレッチすらなかなか思うようにできないのではないでしょうか。

そんな時にはすべり台のポーズでヘルニアの痛みを解消しましょう。
まず仰向けに寝て膝を立てます。
手は下に向けて床につけ息を吐きながらお尻を上げて5秒キープした後に、ゆっくり息を吐きながら元の姿勢に戻しましょう。

このストレッチは妊婦の腰痛予防の体操として、また骨盤底筋を鍛える体操としても産院で紹介されています。
妊娠後期になるとかなりお腹がつらくなってくるストレッチですので、気持ちがいいと感じる程度に行いましょう。

ヘルニアの妊婦さんは骨盤ベルトがオススメ!

腰痛予防に効果的な骨盤ベルトですが、ヘルニアの妊婦さんの腰痛にも効果的です。
骨盤ベルトは緩まった骨盤を固定してくれるため、腰への負担が軽減されます。
ヘルニアの妊婦さんは、通常の妊婦さんよりも腰への負担が痛みにつながりやすい状態でもあります。

妊娠早期から骨盤ベルトを使用することで痛みが楽になる効果が期待できるでしょう。

可能な限りは安静に!

仕事をしている妊婦さんは、なかなか休むこともできないかもしれません。
ですがヘルニアもちの妊婦さんは、できる限り腰に負担がかからないようできるだけ安静にして腰への負担を減らすことが大切な予防法となるでしょう。
立っているより座る、座るよりも横になる、たったこれだけでも腰への負担が大きく違ってきます。

仕事があってゆっくり休めない人は、仕事が休みの日にはしっかり腰を休めるようにしましょう。