妊娠中、徐々に大きくせり出してくるお腹が苦しくて、寝るのが辛いという方も多いと思います。
特に仰向けに寝る事が難しくなってくる後期などは、うつ伏せも無理ですし、必然的に横向きに寝る事になります。
そんな辛い妊娠中、大活躍するのが抱き枕です。

私も妊娠中、抱き枕にはお世話になりました。
それでは、抱き枕ってどんな物が有り、どういう選び方が良いのでしょうか?

体型に沿って変形するもの

妊娠中は、皆さんそれぞれお腹の大きさも形も違います。
ですので、抱き枕の中の素材が、身体に沿って変形する弾力のあるものにしましょう。
私は、細かいビーズが中に入った物を選びました。

もちろんお腹にぴったりと沿ってくれて、寝心地は抜群でした。
妊娠中の大きくなったお腹を、横にして抱き枕に置いて、枕を足で挟むようにして寝ていました。
辛くないので、とてもリラックスして熟睡出来ます。
抱き枕を丸めて使う事も出来るので、座る時に腰にあてたり、授乳中に赤ちゃんを置く事も出来ます。
身体に沿うので、赤ちゃんも安心感に包まれますよね。

肌触りを重視

妊娠中は横向きに寝ますので、当然顔を抱き枕に乗せて寝る事になります。
抱き枕という文字通りに、抱いて挟んで寝るので、肌触りは非常に重要です。

柔らかく、触り心地の良い物を選びましょう。
それによって、よりリラックスした寝心地の良さを手に入れる事が出来ます。

カバーを間単に洗えるもの

妊娠中は非常に汗をかきます。
毎日使う抱き枕のカバーは、こま目に洗濯したいですよね。
間単に、取り外しと取り付けが出来て洗える物を選びましょう。
常に清潔にしておくと、気持ちがよいものです。

私は未だに、妊娠中使っていた抱き枕を愛用しています。
寝心地が良いので、とても安眠出来るからです。
長く使うものとして、自分に合った最高の抱き枕を選びましょう。