妊娠中はホルモンの影響や体重増加、お腹が大きくなることにより体のさまざまな部分に辛い症状が出てきます。
その中でも腰痛や股関節痛は、日常生活に支障をきたすほどの痛みが出る場合もあり妊娠中はツラかったという人も多いと思います。
今回は妊娠中の股関節痛の予防や対策について紹介します。

妊娠中の股関節痛はなぜ起こる?

妊娠中にはリラキシンというホルモンが分泌され、その影響で骨盤や骨盤周辺の靭帯が緩みます。
赤ちゃんが産道を通って出てくるにはリラキシンが重要な働きをするのですが、一方で妊娠中のツライ症状を引き起こしてしまいます。
股関節痛もその中の1つです。

妊娠中の大きなお腹を支えるのは骨盤や骨盤周辺の靭帯です。
ですが靭帯が緩むことで骨盤が不安定になり筋肉に大きな負担がかかりますので、妊娠中には骨盤の下部にある股関節に痛みが出てくるのです。

妊娠中の股関節痛には骨盤ベルトで予防・対策を!

骨盤ベルトは妊娠中の腰痛対策にも効果的ですが股関節痛にも効果があります。
先程言ったように、妊娠中の股関節痛は骨盤や靭帯の緩みとそれによる筋肉への負担が大きな原因となっています。
骨盤ベルトは、緩まった骨盤周辺の靭帯の代わりとなり骨盤を安定させてくれます。

そのため骨盤ベルトを使用すると筋肉への負担も減り股関節痛が軽減するのです。
骨盤ベルトを使用することで姿勢の矯正にもなり、この効果により股関節痛が軽減する効果もあります。

ただし骨盤ベルトは正しく着用しなければ血行不良となり下肢のむくみを引き起こしたり、赤ちゃんの発育にも大きく影響しかねません。
初めて着用する場合にはしっかり指導を受けてから、また医師と相談した上で着用するようにしましょう。

妊娠中でもできるストレッチで股関節痛の対策を!

妊娠中の股関節痛軽減にはストレッチも効果的です。
両足を肩幅に開いて手を腰に当てて、ゆっくりと腰を回しましょう。
テレビを見ながらでもできる簡単なストレッチですね。

あぐらをかくように座って両足の裏を合わせましょう。
息を吐きながら膝を床に向かってゆっくりと押しましょう。
負担のかかっている筋肉が伸びて、気持ちいいと感じる人もいるでしょう。

こういったストレッチは、母親学級などでも指導がありことがあります。
自己判断で無理に行わず、産院で指導を行っているかどうか確認してから行いましょう。

妊娠中の股関節痛がひどい時は安静に!

股関節痛がひどく歩くことすらままならないような場合には、無理をせず体を休めましょう。
できれば座るよりも横になっている姿勢で休むようにしましょう。
股関節痛は妊娠中だけのことですが、悪化してしまうと産後にも治らない場合があります。

股関節痛がある場合は無理に体を動かさず、ストレッチや骨盤ベルトなどを活用して対策しましょう。
痛みが強い場合には、妊婦健診の際に相談してみましょう。