妊娠する前からペットを飼ってる方は、妊娠中どのような心構えが必要なのでしょうか。
中には、手放した方が良いのではないか、と悩む方もいるかもしれません。
ですが、家族同然のペットに妊娠中癒される事も多いはずです。
気をつけた方が良い事をきちんと分かっていれば、ペットと共に赤ちゃんの誕生を楽しみに待つ事が出来ます。

トキソプラズマ症

妊娠中にペットと過ごす事で一番懸念とされるのが、トキソプラズマ症です。
トキソプラズマという原虫が、ペットの糞などから人間の血中に感染して発症します。

猫が主な宿主と言われていますが、犬の半数以上にも寄生していると考えられているそうです。
妊娠中に始めて感染した場合は、胎盤を通して胎児に先天性トキソプラズマ症が発症します。
これは、生まれた赤ちゃんが脳症や水頭症になる可能性があるのです。
犬や猫を飼っている方は、妊娠したら必ず抗体検査を受けましょう。
早期に発見すれば、胎児が感染する前に治療出来ます。

妊娠中は、糞の始末は家族の人にしてもらいましょう。

アレルギー

妊娠中はホルモンバランスが崩れて、肌などとても敏感になりやすいです。
ペットと触れ合う事で癒される事もありますが、同時に肌トラブルが起きてしまうかもしれません。
今まで大丈夫だったのにアレルギー症状が出る人もいるでしょう。
ペットの毛やフケ、身体に生息するノミやダニなどはアレルゲンとなります。

妊娠中は抗アレルギーの薬を飲めないため、非常に辛い状態となってしまいます。
とにかく、ペットをこま目に洗って清潔にしましょう。

産後の生活を考える

産後は新生児との忙しい毎日で、ペットの事をゆっくり考える時間がありません。
妊娠中だけでなく、新生児との生活の中でペットとどう接していくのか考える必要があります。
出産入院中の預け先や、予防接種、部屋の模様替えなど、出産前に準備しておきましょう。

このようにきちんと準備していれば、妊娠したからといって、ペットを手放さなければならないという事は無さそうですね。
妊娠中も検査をしたり清潔にする事で、危険を回避出来ます。
家族の一員であるペットと、新しい家族を迎える準備をしましょう。