痛みを和らげる出産方法に無痛分娩がありますが、高齢出産の方の中には無痛分娩を選ぶという方も多くいるようです。
高齢出産の方が無痛分娩を選ぶのはどうして?高齢出産に無痛分娩がおすすめな理由についてみてみましょう。

無痛分娩について

無痛分娩による出産は、欧米では多く選択されているようですが、日本ではまだ全体の数%程度しか選択されていないといわれています。

しかし、無痛分娩を扱う産婦人科が増えてきたこともあり、無痛分娩を出産方法として選択する方も増えてきているようです。

無痛分娩は、麻酔によって陣痛に伴う痛みを和らげる出産方法で、陣痛の痛みを和らげることでさまざまなメリットがあるといわれています。

無痛分娩とはいっても、全く痛みを感じないというわけではなく、痛みは多少ありますが、陣痛による痛みが軽減されるというメリットから無痛分娩を選択する方も多くいらっしゃるようです。

高齢出産でのリスク

高齢出産となる方は、無事に生まれてきてくれるか、体調面の不安など、さまざまな不安や心配があると思います。

高齢出産では、出産年齢におけるリスクがいくつか挙げられており、妊娠高血圧症候群や、体力の消耗による産後の子育てへの影響、緊急帝王切開などが挙げられます。

出産が長引いてしまうことで体力が消耗されてしまうと、いきむ力が弱くなってしまい、緊急帝王切開となる場合もあるんですね。

高齢出産でのリスクとして、出産時の体力維持は大切な要素の一つともいえるかもしれません。

高齢出産には無痛分娩がおすすめ

高齢出産となる方には、体力の消耗を抑えるということからみて、無痛分娩がおすすめと言われているようです。

また、痛みが軽減されることから、産後の体力維持がしやすく、体力の消耗を抑えることで育児や職場復帰に向けて準備がしやすくなるといったメリットがあるようです。

また、痛みへの不安や恐怖感が軽減され、筋肉の緊張がほぐれることで子宮口の開き具合が進みやすくなることから子宮口全開までの時間が短くなることもあるといわれています。

無痛分娩は自然分娩に比べると、子宮口全開から分娩までは少し時間がかかる傾向もあるそうですが、体力面や精神面でリラックスできることからみて、高齢出産での無痛分娩のメリットは大きいといえますね。

まとめ

社会で活躍する女性が増えてきている中で、高齢出産を経験する方はこれからも多くいらっしゃると思います。
その流れに医療も進歩し、お母さんが安心して出産し、産後も育児や社会復帰に向けて準備をできることが必要です。
無痛分娩は、体力の消耗を軽減し、痛みに対する不安や恐怖感を軽減することで、高齢出産への不安を軽減できる一つの出産方法といえるのではないでしょうか。