自然分娩の中でも、自宅出産や助産院での出産など、個人の好みや生活スタイルに合わせた出産方法を選ぶ方も多いと思いますが、最近ではソフロロジー、無痛分娩というスタイルを耳にすることがあります。
名前は聞いたことがあるけど、実際にはあまりよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
ソフロロジー、無痛分娩についてみてみましょう。

ソフロロジー、無痛分娩について

さて、まずはソフロロジー、無痛分娩についてみてみましょう。
ソフロロジーとは、出産に伴う痛みをあるがままに受け止め、リラックスすることで痛みを乗り越える、ヨガや瞑想など東洋医学を取り入れた出産方法といわれています。

リラックスすることをイメージして、呼吸法などを妊娠中から練習し、出産に備えます。

無痛分娩とは、麻酔によって陣痛に伴う痛みを和らげ出産する方法で、最近では無痛分娩による出産を希望する方も増えているようです。

しかし、無痛分娩とは言ってもまったく痛みを感じないわけではなく、あくまでも痛みを緩和する出産方法なので、陣痛に伴う痛みはまったく感じないというわけではないようです。

ソフロロジーのメリットは?

ソフロロジーは、ヨガや瞑想、呼吸法などを練習し、出産に向けて準備をしていくので、ソフロロジーの方法を知ることで、出産への恐怖や不安を軽減するという効果もあるようです。

出産の痛みへの恐怖や不安は誰にでもあるものですが、もしも痛みが来てもソフロロジーを実践すれば大丈夫、という安心感を持つことができ、不安を軽減したという方が多いようです。

また、ヨガや呼吸法など体に無理のない方法での出産方法なので、安心できるという方もいるようです。

ソフロロジーのデメリットは?

呼吸法など東洋医学を取り入れたソフロロジーですが、いざ、出産となると陣痛の痛みに耐えるあまりソフロロジーを意識する余裕がなかった、という方もいるようです。

また、ソフロロジーを意識してもうまく出産が進まない、指示を聞いて実践したが逆に緊張してしまい、吸引分娩になったという方もいるようで、いざ出産となるとなかなかリラックスできなかったという場合もあるようです。

無痛分娩のメリットは?

無痛分娩のメリットは、まず陣痛に伴う痛みを緩和できる、というところだと思います。

痛みに敏感であったり、恐怖心が強い場合、体力的な事情などで陣痛の痛みを緩和して出産したい場合などに、無痛分娩を選択することで痛みを和らげることができます。

また、出産による疲労も比較的少なく、産後の体力の回復も早いとされています。
そのため、高齢出産で無痛分娩を選択する方もいるようです。

無痛分娩のデメリットは?

無痛分娩は、陣痛による痛みを緩和するメリットがありますが、まったくリスクがないというわけではないようです。

無痛分娩は、陣痛による痛みを和らげることから、いきむタイミングが分かりにくいという方もいるようです。
また、麻酔により一時的に歩けなくなる、足が動かないといった症状が出る場合もあるようです。

いきむタイミングが分かりにくいと、いきむ力が弱くなり、分娩が長引いてしまうこともあります。
その結果、陣痛が弱まってしまい、吸引分娩などの処置になることもあるため、長時間の分娩で赤ちゃんに負担がかかってしまうこともあるようです。

まとめ

ソフロロジー、無痛分娩についてみてみましたが、それぞれにメリット、デメリットがあり、両方をきちんと知ることで自分に合う出産方法を選んでいきたいですね。

また、産婦人科によっては出産方法の方針が決まっているところもあり、自分の通う産婦人科が扱っているか、自分に合っているかを知ることも大切です。

出産は貴重な経験なので、ソフロロジー、無痛分娩のどちらにおいても、納得した上で出産に臨めるといいですね。