妊娠してから頭痛が起きるようになった、という方は意外と多いようです。
今まで頭痛持ちでなかった人も、妊娠初期に頭痛が起きるようになることもあるようです。
妊娠初期に起こる頭痛とはどんなものなのでしょうか。

妊娠初期に起こる頭痛 原因は?

妊娠初期に頭痛が起こる原因には、妊娠によるホルモンバランスの変化によるものが主な原因のようです。

また、妊娠初期はつわりや安静にするなど、体調不良によって体を動かすことが減り、血流が悪くなりやすくなります。
こういったことも妊娠初期の頭痛の要因につながっているようです。

妊娠初期にはざまざまな体調の変化が起こりやすくなりますが、今まで頭痛持ちでなかった人も頭痛がするようになり、悩む方も多いようです。

妊娠初期の頭痛 症状は?

妊娠初期に起こる頭痛の多くは、偏頭痛のようなズキズキとした痛みが多いようです。
脳の血管が周りの神経を刺激することで、ズキズキとした偏頭痛が起こるとされています。

ズキズキとした不快な痛みであるため、妊娠初期のつわりなどの体調不良の中で妊娠初期に起こる頭痛が起きると、なおさら辛い状態になりますね。

妊娠初期の頭痛 対策はどうしたらいい?

妊娠初期の頭痛が起きてつらいときは、ズキズキと痛みのある部分を冷やしてあげると効果があるそうです。
保冷剤や、冷やしたタオルなどを頭痛のする部分にあて、少し体を休めてみましょう。

また、頭痛がひどくて冷やしてもおさまらない場合やがまんできないときは、産婦人科で相談してお薬を処方してもらうといいかもしれません。

経験された方によると、コーヒーを飲むと落ち着いたという方もいるようです。
これは、カフェインの作用によって、血管が収縮し頭痛が治まったようですが、妊娠中のカフェインの過剰摂取はよくありませんので、注意しましょう。

妊娠初期はお母さんにも、赤ちゃんにも大事な時期なので、無理してがまんをしてしまうとストレスになってしまいます。
できるだけ、ストレスを溜めないように、頭痛がつらいときは医師に相談してみましょう。

他にも、マッサージで少し緩和された、ということもあるようです。
肩こりからくる頭痛もあるようなので、整骨院や整体院などでマッサージをしてもらうのも良いかもしれません。

その際は、事前に妊娠中であることをきちんと伝えておくようにしましょう。

まとめ

妊娠初期にホルモンバランスの変化によって頭痛が起きやすくなる方はつわりなどもありとてもつらいと思います。

頭痛が起こる部分を冷やしたり、体を休めたり、セルフケアで治まらないときは産婦人科で相談してみましょう。
お母さんにとっても、赤ちゃんにとっても大事な妊娠初期、ストレスをなるべく減らして妊娠初期を乗り切りたいですね。