妊娠すると、出産に備えて骨盤が緩んでくるため、腰痛対策や早産対策に骨盤ベルトが良いと言われます。
私も二回目の出産時に切迫早産入院したため、入院中の妊娠後期に骨盤ベルトを早産対策でつけていました。
一般的には、骨盤ベルトって一体いつからつけたら良いと言われているのでしょうか。

妊娠初期からつけると良い

骨盤ベルトをいつからするのかと言うと、お腹が大きくせり出してくる妊娠後期、というイメージが強かったですが、妊娠初期からつけるように推奨されているそうです。
妊娠のごく初期からリラキシンというホルモンの分泌で骨盤はゆるみ始めています。
ですので、その時期からしっかりと骨盤ベルトで骨盤ケアすると、腰痛や恥骨などの痛みといったマイナートラブル対策になり、子宮も正常な位置に保たれて出産にも良いそうです。
いつから、と言うのではなく、妊娠したら骨盤ベルトをするという事ですね。

切迫早産になりにくい

切迫早産で赤ちゃんが下がってきてしまうと、管理入院しなければならず本当に大変です。
実際に一人目が切迫早産で二人目を妊娠した方が、初期からしっかりと骨盤ベルトをしたところ、切迫早産にならなかったという報告もあるくらいだそうです。
私も、いつからするのかな?など呑気にしていないで、すぐに骨盤ベルトをつけていれば良かった、と後悔しています。
次妊娠したら、いつからと考えずにすぐにつけたいと思います。

産後も大活躍

骨盤ベルトをいつからつけたら良いかは分かりましたが、産後は使えるのでしょうか。
実は、産後も大活躍します。
いくら骨盤ケアをしていても、出産をすると骨盤は大きく開いてかなりのダメージを受けます。
そんな時に、骨盤ベルトでしっかりと巻いてゆがみを矯正すれば、スタイルも戻りやすく腰痛などの身体の不調も起こりにくくなります。
骨盤ベルトっていつからいつまで使えるのかな?もったいないかなと迷わずに、長期に渡って必須アイテムとなりますので用意する事をお勧めします。

妊婦さんや産後のママにとって、骨盤ベルトがいかに心強い味方か良く分かりますよね。
いつからつけたら良いか分からずまだ用意していない、という妊婦さんは今すぐつけましょう。
赤ちゃんにとっても、ママにとっても、安全で安心な必須アイテムだと思います。