つわりはいつからいつまでありましたか?

妊娠3か月から妊娠6か月まで

つわりできつかった妊娠〜出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は妊娠3か月の時から食べづわりになり、朝起きてすぐからチャーハンや焼きそば、たらこスパゲティなどをエンドレスで一日中食べていました。そのため冷凍庫などには大量のこってり系の冷凍食品が常備されていました。それでも食べづわりの時は、何食べていると気持ち悪さはなくなっていたので、まだマシだったように思います。

しかし妊娠4か月に入ると同時に、食べづわりから吐きづわりに急に変わりました。当時の吐きづわりのことを思い出すと、出産から2年が経った今でも気分が悪くなるくらい壮絶なものでした。一番ひどかったのが妊娠4か月から5か月の間です。何を食べても吐き、お腹が空いているのに食べることができない地獄の日々でした。

ピーク時には麦茶すらも受け付けず、何も吐くものがなくなり、胃液を吐いているということも多々ありました。そのたびにお腹を圧迫するので赤ちゃんは大丈夫か、とずっと不安に感じていました。

そんな時でも何とか口にすることができたのが、レモンキャンディでした。当時はこのレモンキャンディだけで乗り切ったと言っても過言ではありません。主治医の先生に聞くと「つわりの時は、とにかく食べれるものだけ好きなだけ食べたらいいよ。お水が飲めなくなったら教えて」と言われました。私の場合、麦茶はダメでしたが、なぜかほうじ茶だけは飲めるという不思議な体になっていたので、脱水症状だけには最後までならずに済みました。

吐きづわりの時は、一日中ベッドとトイレの往復だったので毎日夜になるのが怖かったことを覚えています。「また朝がやってきて、あの吐き気と戦わないといけないのか」と思うのが本当に辛かったです。妊娠6か月に入ると吐きづわりも徐々におさまってきました。しかし、最後にくしゃみづわりにもなりました。毎朝必ずくしゃみをして、その反動で吐くというものでした。

妊娠7か月に入るとやっと地獄のつわり生活が終わり、食事もまともにできるようになりました。この頃ほどご飯がおいしいと感じたことは後にも先にもないです。しかしその反動で、結果それから17キロも増えてしまうことになりました。つわりの時はほぼ食事らしい食事をしていなかったので、食欲が一気に爆発したという具合です。

出産は私は38週の時に急に破水し、いきなり出産となりました。妊娠から出産まで、本当に長くて辛くて、時に心が折れそうになったこともたくさんあります。しかし、生まれてきた娘の顔を見た瞬間に、つわりの苦しかった日々も、辛かった陣痛もすべてを忘れました。
それくらい、出産は素晴らしいものでした。