つわりはいつからいつまでありましたか?

生理予定日が過ぎても生理が来ず、妊娠判定薬を買ってきて検査して妊娠がわかった時からつわりが来ました。気持ち悪いから始まって、食べれなくなって2週間ほどで4kg体重が落ちました。

普通は安定期に入る頃つわりも治まると聞いていたのですが、私の場合、そこからはよだれづわりがひどくなり、何かを食べている時と寝ている時以外常に口の中によだれが湧いてきて、それを飲み込むと気持ち悪さで吐いてしまうので産むまでずっと小さなポリ袋にトイレットペーパーを入れたよだれ袋に常に吐き出していました。

産んだ日からぴたりと止まりました。本当に不思議なものです。

つわりできつかった妊娠〜出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠して何が一番つらかったかといわれたら、私は産むときの痛みより産むまで続いたつわりだと即答します。それほど私の場合、妊娠生活が不快で気持ち悪さの連続だったのです。

まずは気持ち悪さから始まり、妊娠初期の頃は一切食べれなくなりました。何かを口に入れるとその時はいいのですが後味というかそのあとに襲ってくる気持ち悪さにトイレで吐き、寝てばかりの毎日でした。

安定期と呼ばれる4か月目に入るころ、少しは気持ち悪さも治まってきて、少しずつですが食べれるようになってきました。すると今度は、食べている間は何ともなく、食べ終わると気持ち悪くなるというつわりに変わりました。

それが、ただ気持ち悪くなるのではなく、黙っていると口の中にどんどんよだれがあふれてきて、それを飲み込んだら気持ち悪くてせっかく食べた物も吐く。それの繰り返しで、口の中にどんどん溢れてくるよだれを、小さなポリ袋にトイレットペーパーを入れたよだれ袋なるものを作って、常にその中に吐き出していました。

家にいるときは家族のみなのでまだいいのですが、出掛けても、容赦なくよだれが出るので本当に苦痛でした。よだれを吐き出すから余計に分泌されるんじゃないかと一時我慢して飲み込んだりしましたが、そのあとにくる吐き気、実際に吐き続けると、飲み込むことは本当に無理でした。

食べている時、寝ている時はぴたりと止まっていて起床したらよだれが湧き出てくるんです。ネットでしらべましたね、私だけかと。よだれづわりといって私のような症状の方がいらっしゃるのを一人じゃないと励まし、産むまでのことだとひたすら我慢しました。

お腹は大きくなって後期に入っても、つわりは続き、大きなおなかを抱えトイレに座り込んで便器を抱え込み吐くのは本当に苦しいものでした。吐くとお腹が張ってくるのでお腹の赤ちゃんも私と一緒に戦っているんだと頑張りました。

陣痛の最中は痛さで意識がそこにいかなかったからか、よだれのことも気持ち悪さも忘れ、無事に出産が終わり、仮眠して起きたとき、嘘のようによだれもなくなり、もちろん湧いてくることもなく、元の体に戻りました。妊娠というのは本当に神秘的というか不思議なものだと痛感しました。

人生において、吐くということが私の場合妊娠時のつわりのみといっても過言ではないくらい吐き続けました。それも産んだ瞬間ぴたりと止まるんです。それがわかっているからこそ、私はその後2人目も頑張れたのですが。

つわりが全くないという方がいらっしゃいますが、本当にうらやましいです。経験があるからこそですが、私は産むときの陣痛の痛みはこの世のものではないくらいだと思いますし、本当に耐えがたいことだと思いますが、10か月間の妊娠期間中、よだれと吐き気と吐くというつわりがずっとあった時のつらさの方が私にはつらかったです。

つわりがないならもう一人がんばれたと声を大にしていえる私の妊娠つわり体験でした。