つわりはいつからいつまでありましたか?

妊娠発覚後~出産直前まで つわりがありました。

2. つわりできつかった妊娠〜出産の体験談をお聞かせ下さい。

私のつわりは出産前まで続き、10か月という時間がとても長く感じました。
つらくて 横になってばかりいました。

食べても、食べなくても吐き気に襲われる私は、気がつかないうちに脱水症状になっていたことがありました。
ちょうど検診日だったので担当医に寒気などの状態を話して すぐに点滴をしてもらうことができました。
吐き気が強かったので 水もあまりとらずにいたのが失敗でした。まさか脱水症状になっていたとは・・・。

病院では入院も勧められましたが 私は入院が苦手なので 家での生活を改善するよう、看護師さんからお話を受けました。
脱水症状でつわりを悪化させてしまっていたようです。
気をつけなければ いけませんね。
特に食べれるものもなかったのですが やっと出産1ヶ月前になって鮭だけ食べることが出来ました。

出産は家で少しづつですが急に破水してしまい そのまま入院、分娩というかたちになってしまいました。
子宮口はまだまだ開いておらず、まずは院内での軽い散歩や階段上り下りを勧められました。

陣痛促進剤を使っても子宮の開きが悪く 丸一日入院したところで もっと陣痛を誘発させるために バルーンを入れました。
私の場合 あのバルーンを入れたところから 苦しく、辛く重い陣痛が始まりました。

身体に力が入り 痛さのあまりに叫んでしまうほど。何度も看護師さんや助産師さんに、叫んでもどうしようもないよ・・・と言われていました。
今考えると もっと落ち着いていたらあんなに痛みを感じなくてもよかったのかもしれないと思います。

子宮口は何時間たっても やはり6cmくらいしか開かず とても辛かったです。
このままではいけないので先生からあと2時間経っても同じ様子でしたら 帝王切開にしましょうというお話になりました。
その後すぐに バルーンも取り出し 私もやっと赤ちゃんに会える時がきたんだ!と思い 身体の力が抜けて少しだけ リラックスできたときがありました。
その時です。

子宮のあたりが何かヌルっという感触がありました。
急いでみてもらうと 赤ちゃんの頭がそこまで見えてきて 子宮口もぎりぎり10cm開き いざ、出産という態勢になりました。
もうそこからは いきんでもよくて 痛みもほとんど感じなくなり集中して 出産を迎えることができました。
私にとって とてもとても長い出産時間でしたが 無事に 元気な赤ちゃんを産むことができ 出産に関わってくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

ところで つわりはどうしたかというと出産後に食べるお祝い膳をみても 吐き気は全くなくなり 美味しく頂くことが出来ました。
強いつわりでしたが 出産には影響がなかったと思います。