つわりで妊娠が発覚しました。

つまり、妊娠数週間目から、8ヶ月ぐらいまでありました。
現在二人の子供がいます。

一人目の時も、つわりがきつく何を食べてもすぐ吐いていました。

二人目の時は更にひどく、飲み物ですら吐いていました。
妊娠初期の大事な時に一ヶ月で5キロ体重が落ちてしまい産婦人科で点滴を受けるなどしました。

食べたいものが急に思いついて少しでも栄養を取らなければ。と思い口にするのですが、二口ほどでまた吐いてしまう。。。の繰り返しでしたね。

ご飯の炊ける匂いやスーパーのお魚コーナーの匂い、生肉の匂いなど、特に匂いには敏感で妊娠前にはあまり食べなかったトマトやキュウリなど口当たりの冷たい、水分の多い食べ物を好んで食べていました。

吐きすぎると、お腹の伸縮を繰り返すせいかカンカンに張ってしまうので横になって安静にすることもしばしば。

体の右半分を下にして横になると胃の形状の都合か少し楽になったように思います。

また、妊娠中は薬が服用できないので消化を助ける働きがあると言われる大根おろしを口にしたりしました。

匂いに敏感だったのは妊娠初期ぐらいまでで、それ以降はそれほど過剰に匂いに対して敏感にはならなかったです。
相変わらず吐いてはいましたが、匂いに敏感にならなくなっただけでも精神的苦痛はだいぶ和らぎました。

吐いてしまう時に喉が痛くなるので、吐きづわりだ。と自覚してそれを受け入れた上でよく噛んで食べるように心がけました。
そうでもしないと、喉への負担でますます辛くなるので・・

また、外食に行くのが億劫でした。

家だとあまり周りを気にせずにお手洗いに行けますが外食だとお手洗いの場所を確認した上で、周りの人の目を気にしながらの対応だったので食事を楽しむ。という感覚とは程遠い感じでした。

一緒に行く人にも、嫌な気持ちにさせてないか理解のある相手と一緒に行ったとしても多少気を遣ってしまうので、同じ吐きづわりの方にはオススメしません。

食べづわりで肉体的にも辛いことが多かったのですが、食べたものを吐き出すという事が意外と精神的にも辛かったです。

普通は、赤ちゃんが下に降りてくる頃には胃のスペースが空くから、つわりは収まってくる。と言いますが、胸焼けや吐き気は8ヶ月ぐらいまで続きました。

妊娠、出産は十人十色だ。と、通っていた産婦人科の助産師さんに言われて、随分気持ちが楽になりました。
つわりは自分の体が赤ちゃんを受け入れられていないから起こること。
だと変に思い込むのではなく、自分がそういう体質なんだ。
デリケートなんだわ。ぐらいに思って、それぞれのタイプのつわりを乗り越えれればベストだと思います。

せっかくの妊婦ライフを楽しむためにも前向きに周りの人の理解を得ながら上手に付き合うのが一番かもしれません。