仕事がおわり建物の外に出た途端悪寒と吐き気妊娠初期みまわれ、風邪をひいた時のようになりました。

でも風邪を引く時って最初に喉が痛かったり鼻がズルズルだったりなにかしら初期症状があるのに、

急に外に出た途端そうなったので何かおかしいな…

と思いその日帰って妊娠検査薬をしてみると妊娠が発覚しました。

その数日後病院にいきましたがまだ赤ちゃんの袋は見えず。でももうその頃から(病院でも胎嚢が確認できる前から)吐き気がひどく、つわりに悩まされました。

吐きづわりと食べづわり両方ともあり、何か口に入れていないと気持ち悪い時間帯が1日に数時間あったため、お昼お弁当をたべたあと毎日がっつりお菓子を食べていました。

すると初期からみるみる体重が増える増える。
最終的に出産時には20kg太りました。

つわりに関しては、3ヶ月ほどある安定期のうちの2週間だけ症状がぱたっと止んだだけで、またすぐつわりが復活しました。

胃酸が逆流し逆流性食道炎のようなかんじにもなり、ムコスタなどの整腸薬をずっと後期までのみ続けました。
つわりで吐き気はずっとありましたが、つわりで入院するまでではありませんでした。

赤ちゃんが大きめだね、と言われていて、後期まで予定日が近づいてもなかなか赤ちゃんが骨盤に頭をはめることがなく、ずっとお腹もさがらず高い位置にいました。

私は身長もあり体も大きいのにもしかしたら赤ちゃんの頭と骨盤の大きさがあってないのでは?とレントゲンを撮るも、

経膣分娩は大丈夫だろうとのこと。

結局予定日をすぎても陣痛がこず、予定日を1週間すぎた日に破水し、入院となりました。

破水すると24H以内に陣痛がくるといわれているそうですが、私はその気配がなかったため入院した翌々日の朝から陣痛促進剤を打ち分娩にいどみました。

ですが昼の1時半ごろ、陣痛に耐える中、急に寒気がしてきて意識が朦朧とした瞬間がありました。
その瞬間、赤ちゃんの心拍数も低下。

急に別室でモニターしていた看護師さん、助産師さんたちがバタバタと6人ほど分娩室にかけつけ、立会いをしていた主人と実母は分娩室から出されました。

私は意識が朦朧とする中、
看護師さんから左向いてみて?!
今度は右向いてみて?!
仰向けになって?!

と指示を出され、いろいろ体勢を変えさせられ、深呼吸を繰り返し繰り返しするとしばらくして赤ちゃんの心拍がもどりました。

その日はそこでお産中止。
明日もっかい頑張ろうと言われ、翌日も朝から陣痛促進剤。

ですが結局また1時過ぎごろ、同じように意識がとびかけ赤ちゃんの心拍数がおちるという事態に。

結局そこでようやく帝王切開に切り替えてもらい、2時間半後帝王切開で息子がうまれました。

陣痛もきつかったけど促進剤を止めて帝王切開の準備をしている間の2時間半ほどのあいだ、ずっといきみを我慢するのがつらかった!
とてもしんどかったです。