妊娠や出産の話題に、最近よく登場する言葉にマタニティーブルーやうつ病という単語があります。
マリッジブルーなら分かるけど、マタニティーブルー?うつ?って何だろうと思う方も多いようですね。

マタニティーブルーとは、一般的に出産の前後の妊産婦が精神的に不安定な状態に陥る状態の事を指すようです。
そしてうつ病とは、マタニティーブルーの状態が悪化したもので、、ネグレクト(育児放棄)や虐待などにも繋がる要因としても捉えられています。

マタニティーブルーや産後うつ病は何故おこる?

マタニティーブルーやうつ病という言葉を聞くようになったのはつい最近ですが、なぜこうした状態になってしまうのでしょうか。
色々と原因には理由がありますが、医学的な見解の1つとして女性ホルモンが起因している事が挙げられています。
女性は妊娠するとエストロゲンという女性ホルモンが活性化します。

出産して胎児が胎内からいなくなると、子宮の収縮と共にエストロゲンの量は減少していき、妊娠前の体に戻ろうとします。
その過程でホルモンバランスが崩れ、体調不良や精神的不安定な状態になってしまうようなのです。

マタニティーブルーは一般的に数週間で収まるといわれています。
しかし中にはマタニティーブルーの状態から抜けられず長期間気持ちがふさぎ込んだまま育児をしている女性も多いんですね。
そういった状態が続くと、うつ病という状態に陥ってしまうのです。

私のマタニティーブルー&うつ病体験談

私は2回の出産と育児を経験していますが、マタニティーブルーの状態になったのは1回目の妊娠と産後だけでした。
家に1日赤ちゃんと私の二人きり、旦那は仕事で帰りは遅く、なかなか話す時間もない。

気が付けば一週間引きこもりだったなんてザラで、社会から孤立しているような気持ちになり落ち込んだものです。
出産の一か月前まで仕事していましたし、基本的に仕事人間だったので孤立感を感じた時は本当泣きました。

育児って出産後すぐスタートするんですよね。
休む暇もなく1日授乳とおむつ交換とだっこの日々に突入します。
あと何回お授乳したら育児から解放される!とか、スーパーでおむつ選びながら、あと何袋かったらおむつ交換しなくて良くなるかしら?なんて考えていたものです。
あの頃は、ちょっとうつ病の状態に近かったのかも。

2回目は双子出産だったので、毎日必死!でも経産婦だったから少し心にも余裕があったのかも。
上の子が保育園に通っていたので、毎日保育園と家との往復で誰にも会わない生活…ではなかったというのが良かったのかも。

今になって思うのは、どんな方法でもいいから家族以外の誰かとネットワークを持つことです。
一人じゃないって思える環境を作ることがとっても大切なんですよ。

地域で役場などが主催でやっているママさんサークルや子育て相談教室などに参加するのも楽しいものです。
私は双子育児の時はサークルに参加して、フリマでおさがり服を頂き本当に助かりました。
慣れない双子育児も先輩ママさんからアドバイスを色々頂いて助かりましたよ。