1人目の妊娠発覚してすぐ頃から頭痛や眠気など色々な変化はありましたが、基本的にはずっと食べていないと気持ちが悪いといういわゆる食べづわりでした。

妊娠してつわりが始まった頃からはよく聞きますが、色々な匂いにとても敏感になり、私の場合は以前は好きだったニンニクの匂いと油の匂いが本当にだめになりました。

外を歩いていて飲食店のニンニクの匂いがするだけで吐きそうになるほどでした。

家の近くにあるラーメン屋さんの匂いをつわり中はどうも体が受け付けず、落ち着くまではその道を歩くこともできず、いつもその道を自然と避けて歩くようになりました。

食生活も、基本的にはさっぱりしたものが食べたくなり、脂っこいものなどは食べられなくなりましたが、なぜか某有名ハンバーガー店のポテトは常に食べたかったです。

ポテトを揚げてる匂いなどもだめなはずなのにハンバーガー店の匂いはあまり気にはなりませんでした。

じゃがいもになぜかはまっており、ポテトチップスやポテトフライはいつもたべておりました。

他には普段はそんなに食べないカップラーメンもなぜか大好きになり体に悪いと思いながらも買い物に行って見つけると我慢できずに、食べてしまっていました。

割とずっと食べ続けていた割にはつわりの間体重は減る一方でしたので病院からは注意などされませんでした。

2人目のつわりも同様に食べづわりでしたが、好きな食べ物や苦手な匂いはまた違っていました。

2人目は妊娠発覚した頃から頭痛がとてもひどく、なぜかずっとラーメンが食べたかったです。

ラーメンを食べると頭痛も落ち着いていました。

ちなみに性別は1人目は女の子で2人目は男の子でした。

2人目のつわりでは1人目ではあんなにだめだったニンニクの匂いも特に気にならず、平気でした。

2人目の時の苦手な匂いはよく言われる炊きたてのご飯の匂いでした。

炊飯器を開けた時の匂いがとにかく苦手だったのでいつも息を止めて気合を入れて炊飯器を開けていました。

つわりでないときは割とお肉ばっかりでしたが2人目妊娠中の時は野菜が食べたくていつもよりも健康的な食事をしておりました。

ですが体重は1人目の時と比べてかなり太ってしまいいつも病院で叱られておりました。

1人目の時は常に眠たく仕事もしておりませんでしたので、一日中寝ていることもしょっちゅうでした。

つわりの落ち着いてくる5ヶ月頃までは平日など特に予定のない日はほぼベットの上で寝て過ごしておりました。

毎日朝起きた時の感じで今日のつわりはひどくなさそうだとか今日は辛そうだとかなんとなくわかりますが、予定の入っている日などは、調子が良いことがおおかったので、用は気持ちの持ちようなのかなとも思っておりました。

1人目も2人目も安定期ごろにはつわりも落ち着いて割と充実したマタニティライフを過ごすことができたと思っております。

出産をしたらあんなに辛かったつわりのことなんか忘れてしまいまた子供が欲しいなと思ってしまいます。