つわりの事はもう思い出したくないです

現在、妊娠20週です。現在はすっかり落ち着きましたが、まだ、何となく胸焼けみたいな胃のモワモワはありますし、ツバつわりは続いています。

妊娠が分かる前に何となく胸焼けしてる感じがありました。ちょうど生理予定日くらいの事です。

普段、生理は規則正しく来るので、生理予定日から2日ほど過ぎた時には何と無く「妊娠したかも」と思いました。
それからも胸焼けのがような症状が続き、いよいよ食べられなくなったのが妊娠6週位だったと思います。
それからというもの、食べたら吐く、食べなくても吐く、様々なニオイに敏感になり、そのニオイによっても吐く、ツバが溢れてきて自分のツバでまた気持ち悪くなる…といった日々が始まりました。

食べられる物も次第になくなり、7週から14週位まではとにかく何とかして水分だけは補給しなければという感じでした。
しかし、水は水で気持ち悪くて飲めないんです。味がついていないことが逆に気持ち悪いというか。なので、脱水症状にならないように、スポーツドリンクを水で薄めて飲んでいました。お医者様も、吸収のいいスポーツドリンクを飲むのは吐きつわりの人には水よりむしろ良いことだと言われました。

その頃は固形物はリンゴ位しか食べられませんでした。

リンゴを噛んだ時に出てくる果汁が美味しくて、でも、繊維はあまり食べたくなかったです。
8週から12週頃は、何も胃に入っていないのに嘔吐するので、胃液を吐き、胆汁を吐き、ついには胃が傷ついて血を吐くといった感じで本当に辛かったです。

体力も無くなってくるし、とにかくずっと気分が悪いので、気力まで無くなってきて、本当に毎日辛くてたまらなかったです。
つわりが終わる日を夢見て、指折り日にちが経つのを数えていました。

何とかして少しでもつわりを楽にできないかと、アメリカなどでポピュラーな「シーバンド」や「サイバンド」を買って使っていました。

これは、つわりや車酔いに効果があるという手首にある「内関」という三半規管を整えるツボを押すバンドです。
効果があったのかは正直分かりませんでしたが、車に乗らなければいけない時は付けないよりマシだったと思います。
また、ハーブの力でつわりの症状を穏やかにするという「tummy drop」という、これまたアメリカの飴を購入して舐めていました。この飴を舐めることで、いつもではないですが、気分の悪さがマシになる時もあったので、外出する時には必ず携帯するようにしていました。

15週位から煮麺が食べられるようになり(煮麺限定でした…うどん、そば、米は食べた後に気分が悪くなってダメでした)、そして、吐く回数もぐっと減りました。少し食べられるようになったことで、食べつわりの症状も感じるようになり、少しずつの量を1日に5回〜6回に分けて食べるようにしていました。

ここまでのところで、体重は妊娠前から7キロ減っていました。これまで履いていたズボンなどが緩くなり過ぎて少し困りましたが、嬉しくもありました。ゲンキンなものです。

しかし、2ヶ月の栄養不足で顔は老け込みました。目の周りは窪み、頬はコケて、シワが増えました。何だか肌に水分がない感じです。口角炎もできました。これはビタミン不足のせいらしいです。栄養や水分って本当に大切です。ずっと葉酸のサプリメント(複合的に色々なミネラルやビタミンが入ったもの)を飲んでいましたが、やはりそれだけでは補いきれないのでしょうね。ただ、血液検査で貧血だと言われたことはないです。あんなに何も食べられなかったのに。これは、サプリメントの効果かなぁと思っています。

17週に入ると煮麺以外の物も食べられるようになりました。まだ胃もたれのような症状はずっとあるし、気分が悪くなることもありましたが、それからは、食べられる物が増え続け、20週に入った今では、ほぼ何でも食べられるようになりました。
色々と食べられるようになると体重の増加は凄く早いです。これはこれで困ります。
体重は着々と増加していますので、最近、体重管理をはじめました。そして、奪われた若さを取り戻すために毎日のようにパックしています。