「いま、妊娠しているのに…。この歯の痛み、ただ者ではない…かも」。
虫歯になったことがある方なら、その痛みのバロメーターで、何となく「歯の麻酔」が必要そうかどうか分かりますよね。

もし、歯医者での治療の際、本当に麻酔を使うことになったら、妊娠している場合も大丈夫なのでしょうか。

歯医者の治療で使う麻酔とは?

歯医者で使用される麻酔は、麻酔の効力を持つリドカインという成分と、その麻酔の効き目を高める作用のあるエピネフリン(アドレナリン)という成分を合わせたものです。
気になるのは、それぞれの成分が妊娠にどのような影響を及ぼすかということですよね。

まず、リドカインの方は、胎児への影響がないとされているので妊娠していても大丈夫です。
また、もう一つのエピネフリンは血管収縮作用があるため、たくさん使用すると胎盤の血流量に影響すると考えられますが、歯医者で使う麻酔薬の量は超低濃度のため、「赤ちゃんに悪影響を与えることになるのでは?」と心配することはありません。

歯医者の麻酔は妊娠していてもOK

「成分面で少しホッとはしたけど、やっぱり不安が拭いきれない」という人もいらっしゃると思います。
しかし、歯医者の麻酔は局所麻酔で、使用する麻酔薬はほんのわずか。
また、麻酔が胎盤や母乳へ流れて赤ちゃんの身体へ入ってしまうこともありません。

さらに言えば、この麻酔は無痛分娩の際に使われるものと同じものなのです。
そのことからも、歯医者の麻酔は、妊娠していても悪影響のないものだと分かると思います。

以上のことから、お腹の赤ちゃんにストレスを感じさせないためにも、痛みに耐えながら治療するより、妊娠している時でも麻酔を使って歯の治療をした方が望ましいと言えます。
「妊娠している時はどうしても使いたくない」という人は、歯医者にその想いを伝えて、麻酔ナシの治療方法を相談してみましょう。