妊娠中は、食べるものに注意が必要な時期ですよね。
あれを食べたほうがいい…これは食べないほうがいい…様々な情報があり、悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、その中でもよく聞く妊娠中のコーヒーの摂取についてまとめてみました。

妊娠中にコーヒーはNG?!

妊娠中は、あまりコーヒーを飲んだらいけない…と思っている方は多いかもしれません。
なんとなく、コーヒー=カフェイン、カフェインは控えないと…と思っている方が多いと思います。
では、そもそもなぜカフェインが妊婦さんにだめなのでしょうか?

・カフェインは胎盤を通りやすく、母体が摂取したカフェインと同じ濃度で赤ちゃんも摂取することになる。
・カフェインは赤ちゃんの中枢神経を覚醒したり興奮させる作用がある。
・赤ちゃんの発育遅延のリスクが高くなる。
・カフェインを摂取しすぎることで、母体が吸収したいカルシウムや鉄分の吸収を妨げる。

以上の事から、カフェインを多く摂取することは控えましょうと言われているわけですね。

ただし、多く摂取することがよくないだけで、必ずしも口にしてはいけないわけではありませんのでご注意ください!
妊娠中でも、コーヒーなら1日2〜3杯程度、煎茶なら1日3〜4杯程度、は摂取してもよいと言われています。

今まで、一杯のコーヒーがストレス解消だったのに…とストレスを溜めないように気を付けてくださいね。

カフェインレスコーヒーって?!

コーヒーはコーヒーでも、カフェインレスコーヒーをご存知ですか?
本来コーヒーの豆にカフェインが含まれているので、様々な方法でカフェインを除去して作られるコーヒーのことです。

カフェインレスコーヒーの中にも、どのようにカフェインを除去するかで安全性が心配されるものもあります。
カフェインの除去に薬品を使う場合があるからです。

しかし、日本では薬品使用のカフェインレスコーヒーは輸入が禁じられているので、ご安心を!

私は元々コーヒーは飲まなかったのですが、妊娠を機に逆に飲みたくなってしまい、カフェインレスコーヒーを探して購入していました。
意外と色々なところで手に入れることができるんですよ!

カフェインレスコーヒーを手に入れるには…

カフェインレスコーヒーもしくは、ノンカフェインで検索してみるとたくさんみることができますが、私は妊娠中に無印良品のカフェインレスコーヒーをよく購入していました。

ちなみに、デカフェと記載があるコーヒーもカフェインが入っていないものですので安心してお買い求めください!(カフェインを除去することをデカフェといいます。)
私は、デカフェの意味を知らず、避けてしまっていました…。

インターネットやスーパーなどでももちろん購入できますが、スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーなどでも手に入れることができるそうなので、お出かけの際にもコーヒーを口にすることができますね!

妊娠中は食に気を付ける方も多いと思います。
あまり神経質にならなくても大丈夫とはいうものの、やっぱりお腹の赤ちゃんのために少しでもいいものを摂取したい。そして、自分も我慢してストレスをためたくない!

妊娠中の方でも気軽に飲食できるものがどんどん増えていますので、快適なマタニティライフを送って、穏やかな気持ちで赤ちゃんと過ごしてくださいね♪