一人っ子と言えば、わがままだと思われがちです。親としては、色んな理由があって一人っ子な訳で、わがままだと言われる度にモヤモヤする事も多いのではないでしょうか。誰でも、子供の事をそんな風に言われたら腹がたちます。そんなモヤモヤした気持ちを吹き飛ばせる対処法を考えてみました。

一人っ子のメリットを考える

一人っ子はわがままだと言われたら、一人っ子だから良い所を考えましょう。兄弟が居ない分、一人にお金も時間も存分にかけてあげられて、同じように自分自身の事にも余裕がある訳です。
子供はいつか巣立つものです。
余裕が無いまま歳を取るよりは、老後もゆとりあるものになります。子育ても出来て自分にも余裕がある、そんな一人っ子のメリットを存分に生かして人生を楽しみましょう。

情報を整理する

周りの人はいろんな事を言います。気にしないと思っていても、一人っ子はわがままだと言われて傷つく事もあるでしょう。
そんな時は、一つ一つ情報を整理しましょう。本当にわがままなのかどうか、その人のその一言は私の価値観とは違う、など冷静に考えてみます。何事にも良い点悪い点はあります。
自分に必要だと思う情報だけ受け入れるようにして、前向きに考えましょう。

言わない人と仲良くする

一人っ子はわがままだと言う人は、大体において勝手な思い込みとイメージで話しています。
そして、そういう人はどんな状況だろうと何か言う人です。

男の子しかいなければ将来寂しい、女の子しかいなければ跡継ぎがいない、男女一人ずつなら同性の兄弟が良い、などキリがありません。

一人っ子はわがままだと言わない人と仲良くするようにしましょう。
そして、一人っ子はわがままだと言う人とは距離を置き、言われた事は忘れましょう。

人の家族構成にまで口を出すなんて大きなお世話ですよね。
一人っ子はわがままだと言われないように日頃から気をつけている事があるならば、それでいいのです。
堂々としていましょう。