昨今離婚率は上昇する一方ですが、中でも出産後、子供が1、2歳で離婚するケースは非常に多いようです。まさに、最近良く言われる『産後クライシス』というやつです。可愛い盛りのはずなのに、何故離婚に至ってしまうのでしょうか。

イメージとのギャップ

多くの夫婦が第一子の出産前に抱くイメージは、出産とは人生最大の幸せが訪れる、というものではないでしょうか。間違いでは無いのです。しかし、初めての育児の大変さやライフスタイルの現実的な変化まで具体的にイメージ出来ていません。出産後すぐに始まる怒濤の育児に、こんなしんどいなんて、とイメージが崩れる夫婦もいるでしょう。結果、離婚につながってしまうのかもしれません。

ホルモンバランスの崩れ

出産後、女性の身体と心は大きく変化します。まるで別人のように感じる人もいるでしょう。そのぐらい、出産後のホルモンバランスの崩れは激しいのです。母性が溢れて赤ちゃんの事しか考えられず、父親である夫に対する興味が急激に無くなったり、中には、激しく落ち込み産後うつになってしまう人もいます。その変化に男性がついて行けず、離婚に至ってしまう事があるようです。

出産後の負担

出産後は、母親にしか出来ない事が非常に多いです。特に完全母乳で育てる場合の体力的負担は、筆舌に尽くし難いほど過酷です。とにかく眠れず、終始イライラする場合もあるでしょう。そんな時に、横で寝ている夫が恨めしく思ってしまったり、いたわってくれない事に腹がたつ事もあります。家事や沐浴など、母親でなくても出来る事を出来る時に手伝ってもらうだけで許せるものです。そういう発想にならず、俺だって働いている!と言ってしまったら最後、二人に子供なのに!となります。そして、離婚を決意してしまうのです。

離婚の時期を考えてしまう

出産後、夫の数々の信じられない行動に、この先もやっていく自信を失い離婚がよぎり始めると、母親は子供にとっての離婚後の影響を考えます。

その結果、まだ小さいうちなら影響も少ないだろう、という結論に達するのです。出産後というと、祖父母もまだ若い事が多いため、孫も可愛いしで協力的だったりすると間単に離婚してしまうようです。

出産後2年ほどの産後クライシスは、大抵の夫婦が経験している事でしょう。母親とは、その時の嫌だった事は死ぬ直前まで覚えているそうです。しかし、親になる過程においては避けられない事なので、出産後の大変さを二人で乗り越えてこその夫婦だと私は思います。出産後、男性もまた成長できるかどうかにかかっています。とにかく、不満をぶちまけ合い、喧嘩を重ねて納得するまで話し合うしかないでしょう。